精力剤を頼らずにして精力増強するための食材

現代社会において若者の食生活の悪さ、そして洋食を食べることが増えています。
また食生活が悪くなっていくことで精力が衰え疲れやストレスが溜まっていく一方になっているのではないでしょうか?そこで、精力をアップしてくれる食材を紹介しつつ成分についての解説をしていきたいと思います。

その1「うなぎ」

うなぎ
精力をつけてるために食べる物と聞いて一番に思いつくのは、うなぎではないでしょうか
ですが、何故うなぎがどうして精力を付けてくれるかを知らない方が多いですよね。

うなぎは「ビタミンA、B1、B2、E、亜鉛」が多く含まれているんです。特に「ビタミンE、亜鉛」は精力を付けるために関わってきます。

ビタミンEは血管のや毛細血管の血流を良くする効果も持っています。健康管理においてとても良い効果ですが、血管の健康を保つ効果は特に精力をつけることを手助けしてくれるので必要だと言える効果です。

そしてもう一つ大切なうなぎに入っている栄養素の亜鉛は、精力の象徴である精子を作り出すために手助けしてくれる効果を持っています。

精力をつけるために毎日うなぎを食べようとすると、うなぎ100gの中にある亜鉛,鉄分,EPAはそれぞれ「亜鉛:2.7mg」「鉄分:0.8mg」「EPA:742mg」なので、うなぎ100gで1日に必要な量をあと少し満たせないのですが他の食材と組み合わせて食べば、ほぼうなぎだけで十分に精力をつけることができるようになります。

ですが、さずがに毎日うなぎを食べることはさすがにできないですよね。ですから他の魚介類牛肉野菜から亜鉛ビタミンを摂取することも一つの手になります。

うなぎのいい所をもう少しだけご紹介しますと、たんぱく質を同時に摂取できることですね。
たんぱく質は、精力の維持を手助けしてくれる男性ホルモン血液精子のもとになるものでとても精力をつけるために持って来いの栄養素であり、日々の生活を送るための健康な身体にもうなぎは大切です。

うなぎを食べる機会や値段が高いなどあるとは思いますが、精力剤を頼らない食材の一つとしてうなぎを食べてみるといいかもですね。

その2「牡蠣」

次は牡蠣になります。牡蠣もうなぎと同じように精力をつけるにおいてよくあげられる食材になるのではないでしょうか?

牡蠣には「亜鉛セレンマンガンクロムグリコーゲンタウリンアルギニンチロシントリプトファンアスパラギン酸ビタミンB群」など、栄養ドリンクに入っている成分が、ふんだんに含まれているんです。

主な成分でいうと「精力をつけ体力を増加を促す栄養成分」、「疲労の回復を促す栄養成分」があります。

特に亜鉛を多く含んでいるので、成人男性が1日に摂取るべき量の10gを牡蠣80g程度食べることによって十分に摂取することができます。

うなぎが難しい場合、牡蠣を食べることで亜鉛による精力の増大をすることが出来ます。

牡蠣は生や加熱料理がありますが、亜鉛を摂取優先にするときは加熱料理がオススメになります。ですが生で食べても亜鉛を始め豊富な栄養素は健在するので、オススメの食べ方だけでなくお好きな方法で召し上がってくださいね。

その3「ニンニク」

最後は、ニンニクです。

他二つに劣らなずかなり精力をつける食材として有名ですね。

ニンニクには「カリウムビタミンB1食物繊維ビタミンC」など、の成分が含まれています。

そして糖質が多いニンニクには、強烈な臭いを出している成分「アリシン」があります。このアリシンはビタミンB1と結びつくことで、疲労回復風邪予防の効果を発揮してくれます。

そして、毛細血管を広げ、血流促進を促す効果も持ち合わせているので男性の精力増強滋養強壮の効果が期待できます。女性も嬉しい効果があり、にんにくを摂取することで血流をよくして心臓や胃腸の働きを良くしてくれますよ。

精力とはかけ離れてしまいますが、ニンニクの芽を摂取することによりビタミンCカロテンのおかけで、これも女性にうれしい美肌効果老化予防などの効果を発揮してくれます。

精力剤を頼らずに精力を増強するための食材まとめ

3つの食材や他の食材をバランスよく組み合わせて毎日摂取することで、精力をつけていくことが可能になるでしょう。

献立を考えたり、効果を得るまでの時間が掛かってイライラすることや三日坊主にならないよう工夫をすることや支えを得るなどして継続をしていくことが大切になります。

効果の実感をして満足せず、栄養の高い食材達でもあるので健康管理の一つとして継続して摂取するようにしていきたいですね。