「精力剤被害サーチ」では、主に精力剤を使用して実害をこうむった方からの情報を募集、掲載しています。

認知度の高い精力剤につけこんだ全く効果のない類似品(ニセモノ)や、健康食品として販売しているにもかかわらず大量の医薬成分が入ってる精力剤など、今もなおそういった商品は増え続けており、実際に副作用の被害にあったけど、恥ずかしくて誰にも相談できずに泣き寝入りしたり、増大効果を謳ったサプリメントを数ヶ月間飲み続けたけど全く効かなかった、というような話が後を絶ちません。

利用者同士で情報を共有しあうことで、精力剤に対する本当の知識を身につけたり、悪質な精力剤の利用を未然に防ぐために、当サイトをご活用頂けたら幸いです。

副作用や被害に会った話だけでなく、怪しいと思ったけど使ってみたらとても良かった!などの情報も募集していますので、お気軽にご利用ください。

掲載されているユーザーからの口コミ、副作用の情報に関しまして、当サイトで信憑性や正確性を保証するものではありません。
管理人コメントについても同様に管理人の感想としてであり、信憑性や正確性を保証するものではありません。

利用者が選ぶ男性サプリランキングベスト3!

男性サプリを利用された方の情報を元に、「安全性が高い」かつ「しっかり効果を実感できる」商品を1位~3位までご紹介します。過去にサプリ選びで失敗された方は是非参考にしてみてください。

1位 クラチャイダムゴールド

クラチャイダムゴールドの商品画像

コスパ最強サプリ!男性サプリ選びで迷ったら、とりあえずコレ!

  • 安全性:★★★★★
  • 効き目:★★★★★
  • 人気度:★★★★

公式販売ページへ

被害情報を見る

2位レッドドラゴン

レッドドラゴンの商品画像

業界トップクラスの成分配合量!

  • 安全性:★★★★★
  • 効き目:★★★☆☆
  • 人気度:★★★☆☆

公式販売ページへ

被害情報を見る

3位 マカEXセット

マカEXセットの商品画像

効き目は弱いが、大手メーカーという安全性は抜群!

  • 安全性:★★★★★
  • 効き目:★★☆☆☆
  • 人気度:★★★☆☆

公式販売ページへ

被害情報を見る

本当にあった精力剤にまつわる怖い話

普段から精力剤を意識してない人にとっては、あまり目にすることは少ないかもしれませんが、少し調べるだけで、精力剤が関係してる死亡事件や詐欺などの摘発事件は、実は山のようにあります。

その中でも、ED治療薬のような医薬成分が含まれる精力剤の事件が特に多いです。

もちろん、病院で処方される正規の精力剤は絶対安全!・・・とは言い切れませんが、医師がしっかりと診断、検査してその人にあった治療法を提案してくれるので、リスクは皆無に等しいです。(死ぬなんてもっての外!)

事件沙汰になってるものの多くは、安全なサプリメントと称した、偽ED治療薬を無断でネットで販売してる場合や、それを購入した人が服用して副作用を引き起こし、最悪の場合は死亡しています。

当サイトでは過去に事件としてニュースになってる事例を紹介していますので、目を通しておく事をオススメします。「それでも、自分が購入する精力剤は大丈夫」と他人事のように思ってる人ほど、危険な目に遭いますよ!

ペニス増大を謳う怪しい精力剤について

ここで、巷にはびこるペニス増大サプリメントの詐欺まがいの手口を紹介しておきます。ED治療薬のように重度の健康被害は少ないものの、全く効果がないと言われてる精力剤が大半を占めいています。「あの商品が!」とまでは言いませんが、下記のような特徴が当てはまる精力剤は間違いなく「黒」と言えます。

本人とは違う、それっぽい人物写真が使われている

例えば「この精力剤を実際に体験した方の嬉しい声」という内容で、モザイクなしの人物写真を載せ、あたかもその人がコメントしたかのように「たった1日でこんなに大きくなりました!」なんて記載されています。

その他にも、海外の強力な精力剤というイメージをつけたいのか、「私が開発しました」というコメントと名前の側に、医者のような風貌でいかにも威厳のある外人の高年男性が腕を組んだ写真などがあります。

これらの人物写真は、フリーで利用可能な写真素材サイトで入手できるものがほとんどだったりします。

注釈で「画像はイメージです」という文言すらつけていない所を見ると、むしろ潔さを感じます(笑

精力剤の商品情報が明らかに不足している

大手メーカーなどの精力剤には必ず記載されてると思いますが、本来なら精力剤選びで一番の判断材料になる成分量の表記が基本的にありません。中には配合してる成分や素材すらも明記されてない事もあります(笑

明らかな嘘をついている

もう既に隠すつもりもないのか、その精力剤の素晴らしさを強調するために、堂々と嘘をついてることがあります。例えば「●●学会推奨!」とか「●●研究機関認定!」なんてものが、怪しいロゴマークと一緒にあったりします。海外の有名な研究機関や学会発表があったのなら、情報の1つや2つと言わず出てきそうですが、実際に調べても一切情報が出てきません(笑

具体的な詐欺まがいの手口

そういった精力剤が今もなお増え続けてますが、そこには悪質な業者の巧妙とも言える仕組みがあり、ポイントは公告や宣伝を担当している会社と、実際に販売(決済と発送)している会社がという事です。

商品の宣伝をしてるだけの怪しいサイトは販売行為そのものを行ってないので、通信販売法や特定商取引法による告知義務を負っていません。

つまり第三者が勝手に「ペニスがこんなに増大する!」といってるだけで、本来責任を負うべき販売業者は、「具体的にこんな効果ある!」と会社のサイトでも一言も言ってないので、厳密には詐欺にはならないのです。

仮に、販売業者と公告業者が同一人物だという動かぬ証拠を掴んだとしても、効果がなかった1万円程度のペニス増大サプリメントの為に、わざわざ裁判なんてものを起こす気にはならないですよね。

こうして、効果がなかったという口コミや黒い噂が浸透する前に、商品名とパッケージと販売業者を変えて、新たに次から次へと粗悪なペニス増大サプリメントを生み出し続けているのです。